一般社団法人 日本彫紙アート協会
 

あなたの作った作品が誰かの部屋に飾られ、それを見るたび誰かが笑顔になる。
元気になってくれる。

あなたがインストラクターとして作品をつくる楽しさを広める事で、表現する楽しさに目覚める人がいる。

そんな、人の人生を変えてしまうようなきっかけを、あなたが作れたら素晴らしい事だと思いませんか?

彫紙アートを多くの人に体験してもらう事で、誰もが持っている表現する力に気づいてほしい、そのような思いから日本彫紙アート協会は設立されました。

『彫紙アート』の創始者である林敬三のもと、今までたくさんの受講生たちが彫紙アーティストとして育ち、各々の個性で表現し、生き生きと活動しています。

「この日本生まれの文化をもっと世界に発信していきたい!」そのような思いから、【 彫紙アートスキル認定講座 】【 インストラクター養成講座 】が開講されました。

 

林敬三

一般社団法人 日本彫紙アート協会会長

1951年生まれ
紙を何枚にも重ねて彫るアート『彫紙(ちょうし)アート』を考案し、その作品は、多くのメディアからも注目を集め、数多くの新聞、雑誌、テレビで紹介されている。
現在は自身の彫紙アーティストとしての活動とともに、彫紙アーティストの育成にも力を注ぐ。